あなたの古着の処分をお手伝いする総合情報サイト

査定には抑えるべきポイントがある!

状態によってランクが決められる

古着買取において最も重要視されるのが、やはり品物の状態。
どんなにオシャレな洋服でも、ボロボロだったら良い値段をつけてもらえません。

古着買取ショップの「フクウロ 」さんの基準を例に見ると、かなり明確に分けられています。

「新品・無使用」
「ほぼ新品同様」
「使用感が少なく、かなり良い状態」
「使用感はあるが、傷や汚れが少ない」
「使用感の他、傷や汚れが見られる」
「かなり痛んでいる、難あり」

といった6つのランクがあり、上から買取値段が良いものとなっています。
これらは、あくまで高く査定してもらうための基準です。
多くのショップでは、ボタンが取れているものや、洗って縮んでしまったものも買い取ってくれるので、ご安心ください。

普段から洋服を大切に扱うと、後々になってお得なんですね。

トレンドをキャッチしよう!

洋服にはそのときのトレンドがあります。
ショップのバイヤーは流行しているデザインや色、ブランドなどを細かくチェックしています。
トレンドに応じた付加価値を、金額として査定額に上乗せしてくれるので、今流行っているものをファッション雑誌などでチェックしてから、処分するものを決めるのも良さそうです。

また、「どのシーズンに売るのか」というのもポイントになっています。
「春ものは冬に」「夏ものは春に」といったように、次のシーズンのメインになる洋服は、査定額がアップします。
つまり、かっこいいTシャツは春に査定してもらうのがベストなのです。

「季節や流行をみて、売る時期を決める」というのは、なかなか奥が深いですよね。


この記事をシェアする