あなたの古着の処分をお手伝いする総合情報サイト

ショップを介さず自分で売る方法

フリーマーケットでまとめ売り

近年ではネットオークションが主流となっているため、フリーマーケットが開催される数自体は減ってきています。
ですが、「出品者の顔が見える」という安心感を求めて、むしろ好んで利用する人も多くいるようです。

出店するためには、イベントを主催しているそれぞれの運営団体に予約を入れる必要があります。参加費の相場は平均して¥2000〜3000円となっています。
開催される場所を知りたいときには、「リサイクル運動市民の会」という運営団体のサイトをチェックすると、見つけやすいかと思います。

ちなみに、自分で値段をつける際の目安ですが
新品・未使用品の場合は「販売価格の3分の1」
中古品の場合は 「販売価格の10分の2」

が一般的な基準となっているそうです。ですが、洋服の状態次第では、もっと強気に値段を設定しちゃってもいいかもしれませんね。

在宅で売ろう!ネットオークション

ショップを介さない処分方法で、もっとも今の時代に適しているのがネットオークションです。
ちょっと難しそうな雰囲気がありますが、全くそんなことはありません。ネットオークションの仲介をしているサイト(Yahoo!、楽天など)に登録するだけで、スムーズに取引ができます。
需要にふさわしい金額を自分で設定できるので、ショップの査定額よりもずっと高い値段で売ることができます。

しかし、取引する相手とのトラブルには注意する必要があります。
例として、「商品を発送したのにも関わらず、代金が入金されない」といったものや、「理不尽なクレームをつけられ、返金を求められる」などがあるそうです。

落札者の情報や評価などを仲介サイト内でチェックできるので、注意深く確認してから取引をするがベストでしょう。


この記事をシェアする