安全な支払い方法とトラブル発生時の対処方法を知っておこう

デビットカード・プリペイドカードとは?

海外のサイトにクレジットカード情報を入力すると、その情報が流出した時に不正利用される危険性も伴います。
そこでおすすめなのが、デビットカードとプリペイドカードです。
不正利用された場合、この2つのカードの方がより被害を抑えることができます。

デビットカードは、使ったその瞬間に自分の銀行口座から引き落としされる仕組みです。そのため、もし不正利用された場合は自分の銀行口座の残高の範囲内での被害となります。
また利用したタイミングでその利用明細をメールで通知してくれるので、身に覚えのない利用明細があれば契約した銀行等に連絡し対処してもらえます。

プリペイドカードは、すでに決まった金額がチャージされているカードのことで、コンビニなどで購入することができます。
プリペイドカードに記載されている番号を入力すると、クレジットカード同様決済可能で、チャージ金額を使いきるとその番号は使用不可となる使い切りのカードです。

もしもトラブルが起きたらどうする?

注文した商品が届かない、届いた商品が壊れていたなどの思いがけないトラブルが発生した場合、どこか相談できる窓口はあるのでしょうか。

海外ショッピングでのトラブルの相談窓口には、「国民生活センター越境消費者センター」があります。
こちらでは、海外の機関と連携し、トラブルの相手となる海外事業者とやり取りをしてくれます。
例えば返品の手続きは日本国内であれば簡単な手続きですが、海外通販の場合よほど語学力に自信がないとなかなか自分自身で解決するのは困難です。
そういった小さな問題でも無料で相談に応じてくれるので、海外通販初心者はぜひ覚えておきたい窓口です。
こちらのホームページでは、悪質な通販サイトの見分け方や、海外サイトでトラブルに遭わないための注意点なども紹介されていますので、海外通販をする前に一度目を通しておきましょう。